2013年5月26日日曜日

高いところにあるもの

息子との対話が楽しい。
対話というか、私が一方的に聴いてもらっているのかもしれませんが。
問いを投げかけて、
息子が答える、
というやりとり。
たとえば、
「何もかもイヤになって投げ出したい!と思ったらどうする?」
と問いかければ、
「好きなひとの顔をたくさんかく。
そうしたらうれしくなる」
とかえってくる。
我が子ながら、素敵なことを言うなぁ、とびっくりします。
きょうは、寝る前になにを問いかけたか忘れたのですが、
「高いところにあるものは、
"あれ"とか"これ"とかじゃわからない。
"パンとって"とか"はちみつとって"って
言わないと食べられないんだよ。
自分でがんばって背伸びしたらいいし、
でも届かないなぁと思ったら、
もっと背の高い人に、
はちみつとってもらえばいいだけだよ」
という話をしてくれて、なるほどと思いました。
大きくなるにつれて消えていってしまうかもしれない?素敵な息子語録を
親バカですが、とっとこうと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿