2013年5月6日月曜日

石鹸づくり


この休みは、久しぶりに石鹸をつくりました。
石鹸づくりをはじめたのは、育休中。
身体のことに敏感になっている妊娠時期に、
エッセンシャルオイルについての本を読んだり、人に教えてもらったりして、
オイルを生活に取り入れることの楽しさを知りました。

そのうち掃除用品や、
化粧水やリップクリーム、フェイスクリームなどのコスメをつくり、
その延長で石鹸づくりにも手を出しました。

とはいえ、コスメづくりも最初は何もわからなかったので、
「生活の木」の店頭ミニ講座によく通いました。
石鹸づくりは、六本木ヒルズ店で一度体験してみて、
これなら自分もできそう!と思い、
前田京子さんの「お風呂の愉しみ」や
家でやってみました。

必要な材料に、苛性ソーダがあるのですが、これは「劇薬」。
薬局に判子と身分証明書をもって買いに行かないといけないので、
「ぜったいつくるぞ」というやや強い気持ちが必要です。

石鹸づくりは、化学の実験のようで楽しいし、
つくっている間は、エッセンシャルオイルの香りがリビングにいっぱいになって、
それはそれは心地良いひとときです。

わざわざ石鹸をつくるのは、
節約のためでも(材料によっては高くつく場合も)、
ナチュラル志向でもなく、
単純につくる作業が楽しいから。

無性に「なにかつくりたい!」と思った時に、
料理とか、園芸とか、折り紙とか、石鹸とか、
いろいろ持ちネタがあるのは、いいことだよな、と最近思っています。



▲2〜3日経って、型から出したところ。
 今回は、ローズ、ローズウッド、ゼラニウムの香りです。














▲使うサイズに切って、4〜6週間乾燥させます。

0 件のコメント:

コメントを投稿