2013年6月28日金曜日

「悪い本」



岩崎書店の怪談えほんシリーズの一冊。
こちらは宮部みゆき作。

怖かった〜
夢に出そうだった。
そうね、悪い本。
読みたくない、でも読みたいなぁ。

自分の中の「悪」と、人はどう付き合っていってるんだろう。

そういえば、ピュアに悪い人なんていない、と思ってたけど、
自分が唯一知ってる「100%完全に悪でできてる人」
のことをちょっと思い出したりしました。ぞわ。。

この怪談えほん、とにかく作家が豪華!(京極夏彦とか)
最初の数ページだけ立ち読みもできます。

0 件のコメント:

コメントを投稿