2013年7月3日水曜日

「デッドエンドの思い出」


この短編集も、何かキレッキレですごかった。
(そういえば、表紙の装画も「体は全部知っている」の人と同じだし)
泣いてしまった一編もあった。
なかなかそういう本も多くない。
それで流れていったものもあって、小説ってありがたいと思った。

なんてことを考えていたら
「あとがき」でその「キレッキレ」の理由が述べられていた。
やはり入魂の一冊だった模様です。

人とつながることや幸福の様々な形について、
ゆっくりと深いところに降りて行って
井戸の底みたいなところで、丸くなって考えているうちに、
いろんな人が降りてくる、みたいな感じの本。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿