2013年8月25日日曜日

鉛筆削り

久しぶりに鉛筆をカッターナイフで削ってみました。

小学校で、確か一人一丁(という単位でいいのかな?)
小刀を購入しなくてはいけない時期があって、
自分で削った鉛筆を持ってくることが
推奨されていたように記憶しています。

私はもともと文房具屋で売られているような、
小型の鉛筆削り器が嫌いでした。

力の加減が難しくて、すぐに折れるし、
削った先がすぐに丸くなるのが、気に入らなかった。

だから、小刀やカッターでの削り方を知ってから、
毎日楽しく削っていました。

小刀で削ると芯の部分がたくさん出せるし、
円柱にならないので、
書き味の良い角部分がたくさんできるのです。

きょうは息子の色鉛筆を削っていて、
思わず夢中になってしまいました。

もっと削りたい!!

0 件のコメント:

コメントを投稿