2014年3月12日水曜日

世紀の日本画




「世紀の日本画」鑑賞。
「何言ってんの!いろんなテーマや表現方法があるんだからね!」
あと、漫画って日本画から生まれてるよなぁと思ったりもした。
小茂田青樹の「虫魚画巻」の蜘蛛の巣の緻密さには震えた。
美術館のことで最近いろいろ考えてることのひとつに、

美術館のことで最近いろいろ考えてることのひとつに、
わたしがしたいのは、

わたしがしたいのは、

東京都美術館の落ち着いたエントランスが好き。

日本画って
「目の前にあるものを緻密か朦朧のどっちかのタッチで表現した絵」
っていう勝手な思い込みが自分にあったわぁ。

と叱られたような気持ちになった会ですた。
無知ですみません。

日本画並みに背景描き込みしてる漫画家いるし、
そこの境目はけっこう曖昧、と勝手に思ってる。

滋賀県立近代美術館所蔵のもちらほらあって、うれしかった。

速水御舟の「比叡山」に「山は青いものだよね」と思っていた自分を発見。
岩崎英遠の「道産子追憶之巻」はもうモネの睡蓮並みに圧巻。
日本画、スバラシ!!

説の限界がある。
教養があることを前提としてることが多い。
美術史とか、アーティストとか。
知りたいのはもっと素朴なことで、
それが満たされたらアートへの関心は一気に高まる(はず)。
それはイヤホンガイドでは補えない(だいたいなぜそれは有料なの?)。
図版でも足りない。
アートやカルチャーと人との間や、
アートに触れた人と人との間にinteractionを産み出すこと。

「日本画が、たんなる絵画の技術ではなく、
精神的な内容をもった表現手段であるという強い思いが、
院展芸術を支える柱のひとつである」
という解説があったのだけど、

だとしたら、

観た人が受け取った「精神的なもの」を目に見える形で分かち合いたい、
という欲求がわたしにはある。

0 件のコメント:

コメントを投稿