2014年3月13日木曜日

写真であそぶ 植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ



酔っぱらっていたわけではないのに、
なぜか二枚ともブレている写真...

東京で大好きな美術館のひとつ。
東京都写真美術館にて、
植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ の「二人展」

the joy of photography
撮ることが好きで好きでたまらないという
2人の写真家を対比させた贅沢な写真展。
ありそでない!!こんな企画うれしい〜

ラルティーグは2回目、
植田正治は3回目の展覧会になる。
どちらも図版を購入するぐらい好きな写真家。

忘れたくない一瞬を留めようと
ひたすらシャッターを押し続けたというラルティーグ。
構図することにこだわり続けた植田。
2人を突き動かし続けたのは、ピュアな遊び心。

境遇も題材も全然違う2人を並べるこの試みは、面白かった。
順路を進めるうちに見えて来る、違いや共通点。

ラルティーグの世界は優雅で親しい人びとと共有する喜びの時間。
生活感がある。
今のこの楽しさやワクワクを
永遠に閉じ込めたいという思いでいっぱいで、
ピンぼけでもブレても、むしろそれが味になっている。
撮っている間よりも、撮った後の会話音がしてくるような写真。
「おい、見ろよ。このスザンヌのへっぴり腰!
 あのときはほんとに可笑しかったよ!」
...例えばこんな具合に。

植田の方は、写真を撮っている最中の、
被写体との会話音。
「ねぇ、おとうさん。まだ〜?」
「もう少し右腕をあげてもらえませんか?そうあと1cm」...とか。
植田は、面白くて神経質なおじさんの印象。
ストイックな構図。
「その時」は逃さず切り取る眼光の鋭さ、
また「その時」という偶然さえも味方につける力を感じる。

都会の子と田舎の子。
植田の撮るものは、写されるのを待っているように見える。
ラルティーグは、瞬間であってなぜ動くものを撮らなかったのだろう。
8mmはあったはず。

ラルティーグがカメラを向けるともう「構図しちゃっている」。
アンリ・カルティエ=ブレッソンみたいに。

ふたりに共通しているのは、
水辺の写真が多いこと。
モノクロの陰影を楽しむところ。

一緒に行った友人と、感想を交わすのも楽しかった。
そう、やっぱりこうやって、
感じたことを生で渡し合うこと。
美術館にぜったいあったらいい機能。
その実現のためにわたしに何ができるだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿